角栓は、過剰に分泌された皮脂と古い角質が混ざって毛穴に詰まることでできたものです。
鼻は皮脂腺が多いので角栓ができやすい部分と言えます。
角栓は最初白いのですが、時間が経つと酸化し、黒く変色します。
脂質やストレス、食生活などによって皮脂が過剰に分泌されると、毛穴の中は常に皮脂が溜まっている状態になり、毛穴つまりを起こして角栓が出来てしまうのです。

肌のターンオーバーが乱れることで、古い角質が残ってしまい、角質が厚く硬くなることも原因です。
女性の場合、不十分な洗顔で残ったメイク汚れと皮脂が混ざることでも角栓は出来ます。
また、肌の乾燥も影響します。
乾燥は古い角質を肌に残す原因となり、それが毛穴を狭くし、皮脂を排出できない状態にしてしまうのです。
このような黒いぶつぶつが出来た鼻を改善するには、クレンジングをしっかり行い、良く泡立てた石鹸で汚れを吸着させるように優しく洗顔します。

決して鼻をごしごしとこすってはいけません。
洗顔後はしっかりとした保湿を心がけます。
乾燥すると肌の防御反応から皮脂をたくさん分泌してしまいます。
保湿力と浸透力のある基礎化粧品でしっかりとケアすることが大切です。
こうした日々のケアを継続することで、きれいな鼻になっていきます。

01

鼻の角栓の上手な取り方ってある?

鼻の角栓の簡単な取り方には、綿棒を使用する方法があります。
毛穴の奥に詰まった角栓は、丁寧なクレンジングや洗顔を心がけても、綺麗に取り除くのが難しいと悩んでいる方も多くいます。

そんな方に実践してもらいたい取り方が、綿棒を使用した方法です。
用意するものは、綿棒とオイルだけで、どこでも手にいれることができるのも嬉しいポイントです。
鼻の角栓の取り方も、オイルをたっぷり染みこませた綿棒を鼻の気になる部分に当て、優しくマッサージするだけです。
オイルを使用することで、毛穴の頑固な皮脂汚れも取れやすくなります。
綿棒を使用しているので、お肌への負担も少なく肌トラブルが起きるのを防いでくれます。
頑固な皮脂汚れは綿棒を2本使用して、両側から挟むようにすればスルっと綺麗に取り除くことができます。
皮脂汚れが取り終わったら、残ったオイルをきれいに洗顔で洗い流すようにしましょう。
せっかく皮脂汚れを取り除いても、オイルが肌に残った状態では肌トラブルにつながる可能性があるので注意が必要です。

綺麗に洗い流したら、しっかり保湿するようにしましょう。
丁寧にケアすることで、角栓のないキメ細かい肌に近づくことができるでしょう。

02

鼻に溜まった角栓を除去するには?

鼻の黒ずみは毛穴に詰まった角栓の影響です。
この角栓は鼻をグッと押すとニョロニョロ出てきます。
しかしこの方法では毛穴が開いてしまうため、数日は黒ずみなく綺麗な鼻に見えますが、余計に角栓がつまる原因となります。

また、強く押すことにより皮膚の皮が剥げる場合もあります。
毛穴専用のシートパックは毛穴をスッキリさせますが、肌に負担をかけるため、頻繁に使用するのは避けましょう。
泥を使ったクレイパックは吸着性に優れているため、毛穴の角質を吸着し、肌をなめらかにする作用があります。
シートパックに比べ負担も少ないのでおすすめ出来ます。
また、角質を落とす作用のあるAHA成分が配合された洗顔料の利用も角栓を取れやすくします。
ただ、刺激が強いため、敏感肌や肌の弱い人には向いていません。
これらの方法で角栓を除去した後は、毛穴に汚れが詰まらないように正しい洗顔方法を身に付けましょう。
洗顔フォームはしっかりと泡立て、指で顔を洗うのではなく、泡で洗うようにします。
このとき、洗顔用のブラシを使用すると、細かい毛先が毛穴の奥の汚れまでしっかりと落としてくれます。
蒸しタオルもおすすめです。
フェイスタオルを濡らして軽く絞り、電子レンジで温めます。
温めたタオルを顔の上にのせてしばらく放置するだけで毛穴がしっかりと開きますので、そのまま洗顔をすれば毛穴の奥の汚れまでしっかり落としてくれます。

洗顔後は開いた毛穴に汚れが再び詰まらないように、今度は化粧水でしっかりと毛穴を引き締めてあげれば完璧です。
少なくとも週に一度行うだけでツルツル卵肌が手に入ります。

03

パックは有効?

気になる鼻の角栓を取るには、手軽なように思えるのがパックです。
ドラッグストアなどで各メーカーから発売されている角栓を除去する鼻パックですが、あまり頻繁に使用しない方がいいとも言われます。

毛穴パックは、取れた角栓がシートに付き、結果が目に見えるため、常時利用したくなります。
しかし、毛穴パックは角栓だけではなく、毛穴周囲の角質層も一緒に剥がしてしまうのです。
角質層は、肌の水分を保持し、肌をアレルゲンなどの異物から守る役割を担っています。
角質層まで剥がされると、水分の保持と外の刺激から肌を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまい、角質層を厚くしようと、角化が早まって角栓ができやすくなってしまいます。

このように、毛穴パックで一時的に鼻の表面がきれいになったように思えますが、実は肌をとっても傷つけてしまっているのです。
毛穴パックを利用する場合、頻繁にするのは避け、蒸しタオルを使ったり入浴後、しっかり毛穴を開かせてから行うようにしましょう。

04

別サイトの掲載

鼻の角栓で困っている人は少なくないです。
ちなみに、角栓がニキビの原因になるとも言われていますね。
顎ニキビの原因とも言われています。顎ニキビで悩む人も多かったりするわけですね。
顎ニキビはこのサイトの知識を見てみるといいかなと思います。